2007年11月30日

アパレルショップの仕事の流れ

アパレルショップでの実際の1日の仕事の流れはどのような感じなんでしょうか。お店によって違いはあるはずですが、おおまかなアパレル販売の仕事の流れを追ってみます。
まず出勤、タイムカードを押して1日の仕事が始まります。お店に出る前にはメイクやヘアスタイルなどのチェックは欠かせません。それから店員ばかりでなくお店もきれいに。店内の掃除をして、レジのお金の確認、商品のディスプレイ、納品された商品の検品など、お店のオープンの準備です。開店前にはミーティングをして、連絡事項やオススメの商品、売上げ目標などをみんなで確認します。
いよいよ開店ですね。どんなお客さんが来られるでしょうか。今日もお客様と楽しく接して気持ちよくお買い物して欲しいですね。
さて次は昼食ですね。エネルギー充てんして午後もしっかりがんばりましょう。お店に戻ったらストックから商品を補充します。シフト制の勤務の場合、早番スタッフと遅番スタッフの引き継ぎというのも重要な仕事ですよね。スタッフ間の情報共有は重要です。それから、商品はしっかりたたみましょう。常にお客様が気持ちよく商品を選べるようにしておきます。慣れてきたらレジもまかせられますから、慎重にしっかりやりましょう。
閉店後は、レジのお金の計算、掃除、商品の整理整頓です。最後は、今日一日の報告を行い、簡単な終礼をして終了です。お疲れ様でした、明日もがんばりましょう。だいたい1日の流れはこんな感じですね。
バイト 楽しい
posted by アパレル関係 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アパレルの仕事内容とは?

アパレルのお仕事にはどんなものがあるかご存知ですか?アパレルの仕事で多いのは、百貨店・アウトレット・路面店などでの仕事になります。実際の仕事内容としては、まず販売員がありますが、これは百貨店などのブース内や店舗で接客や販売をします。その他には、ランナーという百貨店の倉庫からブースまで商品を運ぶ仕事や、バックヤードというブース内の裏で商品の棚卸をする仕事があります。でも、規模の小さいお店であれば、これらを全て行うことになりますね。
他には催事やセールなどでのアルバイトなどがありますよね。こちらも仕事を分担して行う形が多く、レジの仕事、フィッティングルームへお客様を誘導する仕事、売り場での声だしや商品をたたむ仕事、ダンボールから商品を出して陳列する搬入出の仕事、会場を作り上げる会場設営の仕事などがあります。
また、女性ばかりでなく男性のスタッフもアパレルの業界では大勢活躍しています。販売する商品は女性服ばかりでなく男性の洋服もたくさんありますからね。レジや売り場にも男性スタッフは大勢働いていますし、特に搬入出やランナー、バックヤードの仕事は力が必要ですから男性スタッフが活躍していますよね。
ボイセンベリー
posted by アパレル関係 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。